増加している個別指導

日本での塾の歴史は古く、平安時代にまでさかのぼると言われています。かつて、教育は身分の高い人のためのものであり、誰もが平等に学ぶことができない時代が長くありました。しかし、それはもう過去の話であり、今は誰もが平等に教養を得ることができ、勉学に励めば励むほど、将来の成功に近づけると考えられています。特に、バブル期を迎えた頃には、沢山の学習塾が日本全国に誕生し、大変多くの生徒が切磋琢磨していました。しかし、現在の日本は少子化が進み、かつてほどの賑わいは失われました。ですが、現在も多くの子供たちが塾に通い、勉強しています。1つ異なる点は、現在支持されている塾は、かつての塾と違った授業スタイルを持っているという点です。それは、集団で授業を行う形式でなく、個人指導の形式を持っているという点です。

今現在、急速に数を増やしている、個別指導塾のメリットについて考えていきます。まず、生徒の1人1人のニーズに合わせることができるという点です。集団で行うスタイルの授業では、生徒1人1人の理解度に合わせることができません。もし、授業内容についていけない生徒がいても、その生徒は置き去りにされてしまうのです。しかし、個別指導の場合、生徒が理解するまで講師はとことん付き合ってくれます。つまり、確実な成績向上が期待できる、というメリットがあります。さらに、部活や他の習い事との両立も可能だというメリットもあります。集団で行う塾では、授業時間や科目などが全て固定されているのが通例ですが、個別指導では、全てが生徒の自由に設定することができるのです。 生徒1人1人の能力や生活スタイルに合わせ、丁寧で効果的な授業を行ってくれるため、個別指導の塾が人気を集めているのです。